ENGLISH
グローバルガバナンス

KEIO SFC REVIEW 2号 グローバルガバナンス

1998.04.01 発行

◇ 第2号特集のねらい/福井弘道(p.4)

◇ 巻頭座談会 グローバル・コモンズを考える/鵜野公郎、斎藤信男、竹中平蔵、清水 浩、高橋潤二郎/<司会>福井弘道(p.6)

◇ 第1部 グローバル・コモンズの現状
システム工学的な視点から/清水 浩(p.21)
市場機構の限界/細田衛士(p.27)
国際協力の視点から ― 日本の対中環境支援 ―/小島朋之(p.34)
問題事例紹介:地域温暖化/田中 茂、森 康彦(p.40)
問題事例紹介:人口/大江守之(p.48)
◇ 第2部 社会の変化とグローバル・コモンズ
伝統社会、価値観、ライフスタイルの変容とグローバル・コモンズ ― メキシコ・グアダラハラの場合 ―/山本純一(p.56)
都市社会の変容とグローバル・コモンズ/金安岩男(p.62)
ソウルの都市化と飲用水/渡辺吉鎔(p.68)
◇ 第3部 テクノロジーやパラダイムの変容とグローバル・コモンズ
エネルギーの技術開発とグローバル・コモンズ/塩田 進(p.75)
ソーシャル・ウェア/久保幸夫(p.82)
グローバル・コモンズと情報化/村井 純(p.88)
グローバル・モデル/小坂弘行(p.94)
軍事とグローバル・コモンズ/森本 敏(p.100)
◇ 第4部 新しい経済社会システムを求めて
「グローバル・コモンズ」時代の政府の役割/加藤秀樹(p.109)
環境分野におけるガバナンスとNGO/毛利聡子(p.114)
国際機関と地球環境問題/碓氷 尊(p.120)
環境政策ミックス/丸尾直美(p.126)
◇ 第5部 今後の展望
グローバル・コモンズの展開/鵜野公郎(p.137)
都市社会の展開/日端康雄(p.145)
地球市民社会の新たな展開/福井弘道(p.153)

※本号のPDFは著作権上の理由から公開されておりません。