ENGLISH
メディア・コミュニケーション

KEIO SFC REVIEW 3号 メディア・コミュニケーション

1998.10.01 発行

◇ 第3号特集のねらい/伊藤陽一(p.4)

◇ 第1部 マス・コミュニケーション
放送の将来/有澤 誠(p.9)
マルチメディア時代の放送産業モデル/菅谷 実(p.14)
デジタルCS放送とソフト制作/碓井広義(p.21)
放送概念の再検討:デジタル化を急がされる放送/服部孝章(p.27)
デジタル時代におけるISTVの開発意義とその可能性/長屋龍人p.35)
放送のデジタル化:その可能性と課題/音 好宏(p.43)
大学からの情報発信 ― ラジオ番組「Keio University Issue Talk」の試み ―/彦谷貴子(p.48)
◇ 第2部 テレコミュニケーション
インターネットのコンテンツに関する規制をめぐって/苗村憲司(p.55)
メディアとしてのインターネット/林 紘一郎(p.62)
放送型サービスとインターネット/楠本博之(p.68)
メディアの融合と「信」縁社会/伊藤英一(p.73)
電子貨幣・NTT再編成・米国電気通信法/小澤太郎(p.81)
◇ 第3部 メディア論と情報社会論
「民族」の衝突とグローバリゼーション/井上輝夫(p.88)
グローバル・メディアとしてのエスニック・メディア/関根政美(p.95)
マルチメディア技術と文化の変容/安田寿明(p.101)
情報化と個人主義の発達/伊藤陽一(p.107)
ネットジェネレーションの期待と自覚/熊坂賢次(p.114)
ディジタルメディアが〈私〉をつくる/加藤文俊(p.122)
コンピュータ・ネットワーク完備型大学におけるキャンパス・コミュニケーション/井下 理(p.128)
パーソナル通信メディアと現代の青年層 ― 通信発達の陽と陰 ―/阿部由貴子(p.134)
◇ 寄稿 Entering an Academic Conversation/Christine Pearson Casanave、菅野康子

※本号のPDFは著作権上の理由から公開されておりません。