ENGLISH

KEIO SFC JOURNAL表紙デザインの公募について

SFCには優れたデザインセンスをもつ若者がたくさんいらっしゃいます。そのことを鑑みて、20巻1号(2020年9月刊行)以来、特集を組む場合には表紙デザインを公募することがあります。採用者には賞金として3万円が支払われます。皆様、奮ってご応募ください。

応募条件

特集に沿った表表紙のデザインを募集します。ロゴ、題字は固定です。下記のイラストレーターデータの赤枠内にレイアウトしてください。

イラストレーターデータ
ダウンロード


◎提出と画像保存について
提出時は赤枠が見える形で画面キャプチャし、JPEGで書き出したもののみをメールに添付して、ご提出下さい。また、必ずデザインに対するタイトル(英日関係なく30文字以内とするが、シンプルな方がのぞましい)とデザインコンセプト(200字以内)をメールの本文に書いて下さい。採用された際のため、作成は以下の仕様で準備し、そのファイルは必ず採択・不採択の連絡がくるまで保存して下さい。

★ 貼り込みの写真については、下記の仕様でお願いします。
・CMYKカラー
・EPSデータ(TIFF8ビット 圧縮率:JPEG-最高画質)
・原寸サイズ 解像度は350dpi
・縮小・拡大の範囲は80%~120%

★文字を画像として貼る場合は、下記の仕様でお願いします。
・原寸サイズ K1色 1200dpi
・原寸サイズ CMYK 600dpi
・縮小・拡大の範囲は80%~120%




最近の募集している特集のテーマ
『India Japan Innovation Potentials』
Keio University established India Japan Laboratory (IJL) to enhance education, research, innovation and entrepreneurship potentials between India and Japan, especially targeting students and young professionals in both countries. With the great potential of innovation in the India Japan bilateral cooperation, Keio IJL is working closely toward enhancement of young talents in both the countries to drive innovation to achieve sustainable development goals. Keeping this in mind, the proposed special issue will cover three important pillars of bilateral cooperation: 1) technology, 2) culture and 3) development. Papers are invited to broadly cover these three aspects, while focusing on innovation potentials. The panel talk will focus on excerpts from the IJL Rakuten webinar series.
特集担当編集委員からのメッセージ
インドと日本は、文化と伝統に深く根ざした二国間協力の70周年を迎えます。新しい技術や経済体制は、この二国間関係に新たな高みをもたらしています。 そのため、1)技術・イノベーション、2)開発、環境、3)文化、ヨガなどのイメージが含まれたものが望まれます。
India and Japan is celebrating 70 years of bilateral cooperation, which is deep rooted in culture and tradition. The new technology and economic regime has given a new height to this bilateral relation. Thus, it is expected that the cover will somehow represent in a simplified way the depth and potential of bilateral cooperation on: 1) technology and innovation, 2) development, environment, and 3) art, culture, yoga etc.

応募資格
慶應SFC学会員(SFC学部生、大学院生、教員など)

注意事項
・応募作品は返却いたしません。
・審査は編集委員会と特集担当編集委員によって行います。
・採用作品の掲載にあたって,学会側で多少の変更をさせていただく場合があります。
・採用作品の著作権(著作権法第27条,第28条の権利を含む)は慶應SFC学会に帰属します。
・応募作品は未発表のものに限ります(応募作品の知的財産権について、第三者との間に紛争が生じた場合は、作者がその責を負う)。
・応募された場合は,上記注意事項に同意されたものとします。

応募締切/送付先等
応募締切:2021年12月15日(水)(必着)
結果通知:2022年1月中旬
賞金:採用者1名に3万円
送付先/照会先:慶應SFC学会 KEIO SFC JOURNAL編集委員会
E-mail: gakkai【A】sfc.keio.ac.jp(【A】を@にしてください)