研究助成金

2018年度の募集は、従来の募集と異なりますので、注意してください。
(1)助成カテゴリごとの募集となりました。
(2)助成カテゴリごとに、募集回数、締め切り日が異なります。
(3)物品費、謝金の補助は廃止になりました。
 (2018年3月14日掲載)

助成の趣旨

湘南藤沢学会では、SFC教員、SFC学部生、大学院生および学会会員などに対して、研究助成のための基金を2003年に創設しました。以降、助成の対象を拡大しながら学会会員の研究活動を支援してきました。助成対象活動は、学生主催のミーティング、研究交流会、シンポジウム、通常の研究の枠組みでは行えない研究・調査・交流活動や、複数の学生や研究者の連携調査・交流活動、さらには研究会活動の補助(学生分のみ)、会員が教育の一環として企画する集会や学習会等です。
また、研究成果の国内・国外発表も対象に含めますが、原則として筆頭著者として採択された論文発表であることを条件とします。いずれの場合も、活動終了後、成果報告書の作成および公表が求められます。また、活動の成果について、ORFの湘南藤沢学会枠での発表(別途要申請)もしくは国内外学会等での発表を求めます。2018年以降の助成では、従来の助成のあり方を見直し、研究活動の一部補助を原則とした助成を行います。また、募集時期も助成カテゴリにより異なります。


申請について

申請は「申請要項」をご覧いただき、申請期間に所定の申請用紙で申請ください。提出された申請は、基金運用委員会にて書類審査を行い、申請期間後1ヶ月以内に結果を通知します。利用できる金額は、一件あたり30万円以内です。
なお、開催後、成果報告書、使用明細書、参加者一覧を提出いただきます。

申請書と提出先

  • 助成カテゴリが「(A)研究成果発表(学会発表)」以外の場合、「申請書」「活動計画書」「活動経費明細書」「活動参加者名簿」を提出してください。

  • 助成カテゴリが「(A)研究成果発表(学会発表)」の場合、「申請書」「活動計画書」「活動経費明細書」に加え、以下を提出してください。
    - 学会発表の採択通知
    - 採択決定の際に審査された論文、アブストラクト
    - 学会情報(場所、趣旨、オーガナイザ、参加登録費、プログラムなどのページ)
    予稿集掲載予定の論文、発表予定のポスター
    * 全ての提出が必須ではありませんが、提出されたものを参照して審査を行います。

提出先:gakkai@sfc.keio.ac.jp (PDF形式)
学生は必ず指導教員をCc: に入れてください。
この場合の指導教員は学会会員に限ります。

※件名は 研究助成金申請(申請者氏名)としてください。

成果報告

2017年度リスト | 2016年度リスト | 2015年度リスト |
2014年度リスト | 2013年度リスト | 2012年度リスト |
2011年度リスト | 2010年度リスト | 2009年度リスト |
2008年度リスト | 2007年度リスト | 2006年度リスト |
2005年度リスト | 2004年度リスト | 2003年度リスト |