慶應義塾大学湘南藤沢学会

講演会開催決定

ITを活用した医療消費者向け情報提供における課題
Critical Issues in Consumer Health Informatics (e-health)

患者・家族など、健康に関心を持つ市民を対象に医療情報を提供する際、最新の情報技術を活用することは、医療の質向上や、健康効果増大に有効であるとされている。しかし、情報技術の医療分野への応用には課題も多い。
本講演では、米国がん研究所医療情報学部門初代部門長としての経験を踏まえ、(1)アクセスの拡大、(2)提供される情報の質の向上、(3)プライバシー保護 の3点を中心に、疾病の治療・予防に役立つ情報技術開発・利用のあり方について、実例を交えながら論じる。

  • 日時:2008年1月9日(水)17:00-19:00
  • 会場:慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス Ω12教室


講演者

  • 講演(同時通訳あり)
    Dr. Gary L. Kreps (Chair, Department of Communication, George Mason University; Health Communication Advisor, National Institutes of Health)

  • 略歴
    Ph.D., University of Southern California (1979)
    Founding Chief, Health Communication and Informatics Research Branch, National Cancer Institute, National Institutes of Health (1999-2004)

  • 主な編著書・論文
    O’Hair, H.D., Kreps, G.L., & Sparks, L. (Eds.) (2007). Handbook of communication and cancer care. Cresskill, NJ: Hampton Press. Bright, M., Marcus, A., Morra, M., Kreps, G.L., Perocchia, R., and Fleisher, L. (Guest Editors). (2007). “The National Cancer Institute’scancer information service: An international health education resource,” Journal of Cancer Education, 22, (Supplement 1). Hesse, B., Kreps, G.L., Moser, R., & Finney, L. (Guest Editors). (2006). "The Health Information National Trends Survey (HINTS): Research from the baseline," Journal of Health Communication: International Perspectives, Volume 11, supplement 1.


問い合わせ
慶應義塾大学湘南藤沢学会
電話0466-49-3437
email: gakkai@sfc.keio.ac.jp