慶應義塾大学湘南藤沢学会

研究発表大会

開催記録

湘南藤沢学会では毎年、ORFで研究論文発表の機会を提供しています。多様な領域の研究の論文発表を行います。研究発表大会では、従来からの一般研究発表に加え、卒業プロジェクト発表を行います。

'17 | '16 | '15 | '14 | '13 | '12 | '11
'10 | '09 | '08 | '06 | '05 | '04 | '03 | '02

Open Research Forum 2017
第15回研究発表大会
一般研究発表/卒業プロジェクト発表

開催概要

開催日・場所
  2017年11月23日(木・祝)14:50-19:50
東京ミッドタウン タワー4F カンファレンス room6
司会
  大前学(政策・メディア研究科教授)

発表タイムテーブル

開会の挨拶(5分)
■ 一般研究発表
14:55-15:05 政治的アリーナにおけるスタビライザーとしてのポピュリズムについて
発表者:中山大(総合政策学部3年)
15:05-15:15 二層構造の間を往来する「観光」としての複言語・複文化フィールドワークの実践
発表者:藤谷悠 他12名(SFC研究所上席所員)
15:15-15:25 非英語圏の英語コースー留学生は何によって集まるのか? 
発表者:石井大智(総合政策学部3年)
15:25-15:35 アクションリサーチによる片浜小学校利活用の実現
発表者:畑島謙成(政策・メディア研究科修士課程1年)
15:35-15:45 設計者が予想していなかったユーザーのふるまい」からのサービスデザイン
発表者:廣瀬花衣(政策・メディア研究科修士課程1年)
15:45-15:55 According to the severity of overgrazing to assess the grassland pressure in Mongolia Gobi area
発表者:Yang Wang(政策・メディア研究科修士2年)
15:55-16:05 老化における筋力低下原因の解明
発表者:高井祐志(総合政策学部3年)
休憩(15分)
■ 卒業プロジェクト発表
16:20-16:30 労働における男女の平等とは何か
発表者:大橋南菜(総合政策学部)
指導教員:宮代康丈
16:30-16:40 戦後日本におけるアジア・太平洋戦争の継承と平和の語られ方‐神奈川県下の諸地域を事例に‐
発表者:三上尚美(総合政策学部)
指導教員:清水唯一朗
16:40-16:50 スカイプでの異文化間交流の実践‐ピアティーチングを通した英語学習への意識変容‐
発表者:井坪葉奈子(総合政策学部)
指導教員:長谷部葉子
16:50-17:00 AI時代に向けたこれからの看護活動の在り方」〜テクノロジー化が進む中でも人対人の看護の質を担保するには〜
発表者:清崎文香(看護医療学部)
指導教員:小池智子
休憩(10分)
17:10-17:20 法のインターフェースデザイン:パーソナルデータ利活用に向けた消費者コンセンサスの獲得
発表者:須佐和希(環境情報学部)
指導教員:水野大二郎
17:20-17:30 公的個人認証とブロックチェーンを用いたスマートコントラクトシステムの提案
発表者:尾崎周也(総合政策学部)
指導教員:中村修
17:30-17:40 硬度制御による形状・スケール可変サーフェスモジュールの提案
発表者:平井誠之(環境情報学部)
指導教員:筧康明
17:40-17:50 ハーバードビート評価テスト iOS版の開発と信頼性の検証
発表者:今野嶺(環境情報学部)
指導教員:藤井進也
17:50-18:00 観光地における訪日外国人の観光行動支援のためのデータ分析手法の提案  
発表者:鎧坂文菜(総合政策学部)
指導教員:村井純
休憩(10分)
18:10-18:20 「受動的笑い」による健康改善効果の検討 
発表者:本多栞(環境情報学部)
指導教員:渡辺光博
18:20-18:30 末梢の形態特性が脳・神経系による筋活動制御戦略にもたらす影響
発表者:森下愛弓(総合政策学部)
指導教員:牛山潤一
18:30-18:40 腸内環境データから紐解く食がもたらす健康効果〜米ぬかがもたらす大腸炎抑制メカニズムの解明〜
発表者:田中一己(環境情報学部)
指導教員:冨田勝
18:40-18:50 ビッグデータより明らかにするヒト免疫不全ウイルス (HIV)進化の軌跡 
発表者:永田祥平(環境情報学部)
指導教員:金井昭夫
18:50-19:00 DNAバーコードをもちいた哺乳動物の細胞系譜まるごと追跡技術の開発
発表者:増山七海(環境情報学部)
指導教員:内藤泰宏
19:20-19:40 表彰式(20分)