慶應義塾大学湘南藤沢学会

研究発表大会

開催記録

湘南藤沢学会では毎年、ORFで研究論文発表の機会を提供しています。多様な領域の研究の論文発表を行います。研究発表大会では、従来からの一般研究発表に加え、卒業プロジェクト発表を行います。

'17 | '16 | '15 | '14 | '13 | '12 | '11
'10 | '09 | '08 | '06 | '05 | '04 | '03 | '02

Open Research Forum 2016
第14回研究発表大会
一般研究発表/卒業プロジェクト発表

開催概要

開催日・場所
  2016年11月19日(土)15:00-20:00
東京ミッドタウン タワー4F カンファレンス room6
司会
  大前学(政策・メディア研究科教授)

発表タイムテーブル

■ 一般研究発表
15:00-15:10 経済学の新しいパラダイムをめざして−人間性を取り込むための三提案−
発表者:岡部光明(名誉教授)
15:10-15:20 協力の構築に必要とされる罰する者の役割に関する研究
発表者:大平哲史(環境情報学部非常勤講師/青山学院大学附置情報メディアセンター助教)
15:20-15:30 18歳選挙権における主権者教育の現状と課題
−どのようにして「社会的意思決定」を学ぶのか?−
発表者:西野偉彦(SFC研究所上席所員/NPO法人 Rights副代表理事)
15:30-15:40 禁煙外来における継続受診未達成要因の構造分析
−潜在クラス分析による継続受診回数予測システムの開発に向けて−
発表者:内川 一明(健康マネジメント研究科後期博士課程2年)
    渡辺美智子(健康マネジメント研究科教授)
15:40-15:50 SFCの路線バスの利用需要と輸送キャパシティの解明
−郊外型キャンパスの1モデルとしてとらえる”バス列”問題−
発表者:司隆(環境情報学部3年)
15:50-16:00 縮退化社会における住民の自発的な空間利用についての考察とその展開可能性について
発表者:江原満怜(総合政策学部3年)
16:00-16:10 シティ派オオタカの食事情−都心で繁殖するオオタカの育雛期の給餌内容−
発表者:水村春香(環境情報学部4年)
16:10-16:20 少数民族のためのデジタルファブリケーション
−タイ難民キャンプにおけるものづくりを通じた伝統継承支援の設計−
発表者:物井愛子(総合政策学部4年)
休憩(15分)
■ 卒業プロジェクト発表
16:35-16:45 タイにおけるHIV/AIDS対策において当事者の主体性を重視した成功モデルの検証−MSMによる性教育を中心に−
発表者:長澤貴子(看護医療学部4年)
指導教員:藤屋リカ
16:45-16:55 統合医療における治未病−温泉施設での実証実験−
発表者:佐藤大(9月卒業生/現在はSFC研究所所員)
指導教員:渡辺賢治
16:55-17:05 過労死防止のための労働法と企業に求められるメンタルヘルス
発表者:押尾聖人(総合政策学部)
指導教員:新保史生
17:05-17:15 デザイン美学のための序論
発表者:山田佑樹(9月卒業生)
指導教員:堀茂樹
17:15-17:25 Design Through Tactical Media−都市空間と情報空間を連動させることにより可能になる音楽の状況・下北沢におけるリズム分析を活かしたメディアのデザイン−
発表者:田中堅大(環境情報学部4年)
指導教員:水野大二郎
休憩(10分)
17:35-17:45 相槌のスキル−会話に与える影響−
発表者:伊達理英子(総合政策学部4年)
指導教員:諏訪正樹
17:45-17:55 器械体操選手のサルのようなパフォーマンスを可能にする脳−身体システムの解明
発表者:田中麻奈美(環境情報学部4年)
指導教員:牛山潤一
17:55-18:05 投票行動と合理性−空間的な差異を考慮した統計モデルを利用して−
発表者:中島有希大(総合政策学部)
指導教員:古谷知之
18:05-18:15 ブロックチェーンを用いた3Dプリントにおける製造情報保存システムの提案
発表者:阿部涼介(総合政策学部)
指導教員:村井純
18:15-18:25 都市近郊におけるオオタカの繁殖分布および繁殖成績に影響する環境要因
発表者:夏川 遼生(環境情報学部)
指導教員:一ノ瀬友博
休憩(10分)
18:35-18:45 腸内細菌データがもたらす次世代医療の可能性
発表者:増田貴宏(環境情報学部)
指導教員:冨田勝
18:45-18:55 メタボローム手法を用いた温海かぶの漬物加工における変化
発表者:早坂亮祐(環境情報学部)
指導教員:曽我朋義
18:55-19:05 非小細胞肺がんの上皮間葉転換(EMT)における代謝解析
発表者:中宿文絵(環境情報学部)
指導教員:内藤泰宏
19:05-19:15 メタン発酵消化液を用いたユーグレナ藻の培養可能性調査
−ユーグレナを用いた循環型社会の形成に向けて−
発表者:小山智己(環境情報学部)
指導教員:黒田裕樹
19:40-20:00 表彰式(20分)