慶應義塾大学湘南藤沢学会

研究発表大会

開催記録

湘南藤沢学会では毎年、ORFで研究論文発表の機会を提供しています。多様な領域の研究の論文発表を行います。研究発表大会では、従来からの一般研究発表に加え、卒業プロジェクト発表を行います。

'17 | '16 | '15 | '14 | '13 | '12 | '11
'10 | '09 | '08 | '06 | '05 | '04 | '03 | '02

Open Research Forum 2015
第13回研究発表大会
一般研究発表/卒業プロジェクト発表

開催概要

開催日・場所
  2015年11月21日(土)14:30-19:30
東京ミッドタウン タワー4F カンファレンス room6
司会
  大前学(政策・メディア研究科教授)

発表タイムテーブル

■ 一般研究発表
14:35-14:45 DNA遺伝子配列から紐解く単細胞から複雑化の進化のさま−藻類群体化の進化的起源−
How did the complexity of microbes evolved? ~An investigation using DNA sequence data~
発表者:宗像 英仁 / Hidehito Munakata (政策・メディア研究科修士1年)
14:45-14:55 がんケアサポートの新しいかたち−普及と継続の戦略−
Open the way of cancer caring support"
発表者:益子 梓 / MASHIKO AZUSA (看護医療学部4年)
14:55-15:05 Strong Memoryにはたらきかける−‘time-warp' roomsによる認知症ケアの新機軸−
Recalling Strong Memories of the good days
発表者:坪田 美悠 / Miyu Tsubota (看護医療学部4年)
15:05-15:15 児童を対象とした美術ワークショップの効果−地域活性化アートプロジェクトMMMを事例として−
Effects of art workshop for children: A study of an art project MMM
発表者:浅野 嶺 / Rei Asano (総合政策学部2年)
15:15-15:25 場所の記憶を利用した単語記憶システムの研究
Research of Learning Words System using memory of place
発表者:清水 玲那 / Reina Shimizu (政策・メディア研究科修士2年)
休憩(10分)
15:35-15:45 大学生地域派遣カリキュラム化の提案−役割を創出し合う新しい域学コミュニティの構築と普及−
The proposal of the new collaborative curriculum system - the university students as local community partne
発表者:永由 裕大 / Yuta Nagayoshi (環境情報学部4年)
15:45-15:55 Brainstorming of Action Research Life Skill Training Programs to Improve Livelihood
発表者:中川舞音、他5名 / Maine Nakagawa (総合政策学部3年)
15:55-16:05 Making up a Structure for Supporting the Elderly People Who Die Alone (Kodokushi) by Utilizing the Network within the Region -A Case about Creating Sustainable Policies to Support the Elderly People in Ena City, Gifu Prefecture.-
発表者:小林 優一 / Yuichi Kobayashi (政策・メディア研究科修士2年)
16:05-16:15 自治体PRMによる地方自治の新展開−栃木県塩谷町の塩谷町民全員会議より−
New stage of Local Governance by PRM-Policy Relationship Management
発表者:岩田 崇 / IWATA TAKASHI (慶應義塾大学SFC研究所 上席所員 / 株式会社ハンマーバード 代表)
16:15-16:25 18歳選挙権に向けた政治教育の展開可能性−ドイツの事例を参考に−
The possible development of political education in the era of 18-year-olds the right to vote − One we learn from the Germany case -
発表者:西野 偉彦 / Nishino Takehiko (政策・メディア研究科修士2年)
休憩(15分)
■ 卒業プロジェクト発表
16:40-16:50 皮膚常在菌の遺伝子型に基づく、ニキビ予防・治療方の確立に向けて
Toward development of preventive and treatment method for acne based on genetic analysis of skin microbiome.
発表者:吉川 実亜 / MIA YOSHIKAWA (環境情報学部4年)
指導教員:冨田勝 (環境情報学部教授)
16:50-17:00 Webブラウザを用いた汎用的細胞シミュレーション環境の開発
Development of generic cell simulation environment using web browser.
発表者:森 秀人 / Mori Hideto (環境情報学部4年)
指導教員:内藤 泰宏 (環境情報学部准教授)
17:00-17:10 大規模な血液メタボロームデータに基づく食習慣と血中代謝物の関係−鶴岡メタボロームコホート研究−
Plasma metabolome profiles with relation to dietary pattern: the Tsuruoka metabolomic cohort study
発表者:岡崎 仁美 / Okazaki Hitomi (環境情報学部4年)
指導教員:曽我 朋義 (環境情報学部教授)
17:10-17:20 脂肪肝抑制薬を使用した新規動脈硬化治療戦略
New therapeutic strategies for arteriosclerosis with fatty liver inhibitor
発表者:田岡 広樹 / Hiroki Taoka (環境情報学部4年)
指導教員:渡辺 光博 (政策・メディア研究科教授)
17:20-17:30 脳卒中片麻痺に対する新規歩行リハビリテーション−歩行様の股関節運動と体性感覚神経への電気刺激を用いて−
A new gait rehabilitation in post-stroke patients.
発表者:上野 良揮 / Yoshiki Ueno (環境情報学部4年)
指導教員:牛山 潤一 (環境情報学部准教授)
17:30-17:40 バイオハッキングによる未来のファッションデザイン−自家培養可能な持続可能性を持つ繊維開発とゼロウェイストパターン・三次元造形を用いた衣服制作手法の提案−
Speculating future fashion design based on biohacking: study on bio-fiber development under the domestic environment and new way of making garments by zero waste pattern cutting and 3D printing techniques
発表者:川崎 和也 / Kazuya Kawasaki (環境情報学部4年)
指導教員:水野大二郎 (環境情報学部准教授)
休憩(10分)
17:50-18:00 プライマリヘルスケアを生かした日本の地域医療形態の可能性−山谷地域における包括的ケアを参考に−
A Possibility of the Japanese community health care form using Primary Health Care- In reference to the comprehensive care in Sanya -
発表者:小川 万里子 / Mariko Ogawa (看護医療学部4年)
指導教員:藤屋 リカ (看護医療学部専任講師)
18:00-18:10 日本における手術安全チェックリストの導入・定着を促進するための成功要因の探索−
A study for clarifying the success factors to introduce and fix “WHO surgical safety checklist” in Japan
発表者:宮本 紗代 / Sayo Miyamoto (看護医療学部4年)
指導教員:小池 智子 (看護医療学部准教授)
18:10-18:20 仕事における居場所概念の構築と尺度の作成
Development of the concept and the scale of “Career-Ibasyo”
発表者:氏家 慶介 / Ujike Keisuke (環境情報学部4年)
指導教員:秋山 美紀 (環境情報学部准教授)
18:20-18:30 コネクショニズムは「中国語の部屋」を再構築できるか?−Searle と Churchland の論争を手がかりに−
Chinese Room Argument vs. connectionism
発表者:水上 拓哉 / Mizukami Takuya (環境情報学部4年)
指導教員:宮代 康丈 (総合政策学部准教授)
18:30-18:40 池上彰はどのように例えているのか−社会問題の説明をデータとしたレトリック分析−
How Does Akira Ikegami Compare Things? Rhetoric Analysis of his Explanations of Social Problems"
発表者:高松 奈々 / TAKAMATSU NANA (総合政策学部4年)
指導教員:白井宏美 (総合政策学部准教授)
19:15-19:30 表彰式