慶應義塾大学湘南藤沢学会

研究発表大会

開催記録

毎年、オープンリサーチフォーラム(ORF)にて「研究発表大会」を開催し、教員、研究員、大学院生、学部生がSFCでの研究活動を通じて得た研究成果の発表を行っております。

'17 | '16 | '15 | '14 | '13 | '12 | '11
'10 | '09 | '08 | '06 | '05 | '04 | '03 | '02

Open Research Forum 2009
「第7回研究発表大会」

開催概要
開催日 2009年11月23日(月・祝)13:00〜17:00
場所 六本木アカデミーヒルズ40 サブセッション会場(キャラントC)
プログラム委員長 榊原清則
副委員長 大前学

タイムテーブル(PDF)

発表者一覧
国民健康保険診療施設における地域包括ケア提供実態の研究 加納三代
(健康マネジメント研究科
医療マネジメント専修2年)
バッテリー耐用回数にみる囲い込み戦略‐iPodを事例として‐ 大西英也
(政策・メディア研究科修士課程2年)
イノベーションの普及要因の探求〜ハイブリッドカーの事例〜 高橋知也
(政策・メディア研究科修士課程2年)
国際システムの複雑性‐創発する秩序としての「デモクラティック・ピース」論‐ 伊藤岳
(総合政策学部4年)
組織内のコミュニティ活動が既存組織に与える影響要因の検討‐富士ゼロックス社 Virtual Hollywood の事例から 坂田哲人
(政策・メディア研究科後期博士課程)
地域振興手法に対するコンピュータアートの活用 緒方伊久磨
(総合政策学部3年)
田島悠史
(政策・メディア研究科後期博士課程)
有澤誠
(環境情報学部教授)

受賞者
  • 最優秀論文賞:高橋知也(政策・メディア研究科修士課程2年)
  • 優秀論文賞:加納三代(健康マネジメント研究科医療マネジメント専修2年)