慶應義塾大学湘南藤沢学会

研究発表大会

開催記録

毎年、オープンリサーチフォーラム(ORF)にて「研究発表大会」を開催し、教員、研究員、大学院生、学部生がSFCでの研究活動を通じて得た研究成果の発表を行っております。

'16 | '15 | '14 | '13 | '12 | '11
'10 | '09 | '08 | '06 | '05 | '04 | '03 | '02

Open Research Forum 2006
「第5回研究発表大会−社会を変える研究/プロジェクト発表会−」

開催概要
開催日 2006年11月23日(木・祝日)10:00〜16:35
場所 三菱ビル10階 ミドル1+ミドル2
プログラム委員長 井上英之
副委員長 玉村雅敏、宮川祥子
構成 6本の学部生による研究成果の発表を行い、各発表テーマに合った専門家/実務家の方々をお招きし、パネルディスカッションを開催
司会/進行 井上英之(第1部)、花田光世(第2部)

タイムテーブル(PDF)

発表者一覧
第1部:社会への投資−新しいお金と人の循環をつくりだす−
コーディネーター:井上英之(総合政策学部専任講師)
タイトル 発表者
主要国から見る日本の社会的責任投資ファンド−SRI普及の可能性を探る− 小野島茉莉
(総合政策学部3年) 金柔伸
(総合政策学部2年)
コメンテーター:渋澤健(シブサワ・アンド・カンパニー代表取締役)
寄付トレースシステム−社会貢献マーケティングを活用した新規ビジネスプラン− クマールラトネッシュ
(総合政策学部3年)
コメンテーター:金田晃一((株)大和証券グループ本社CSR室次長)
なぜ、市民活動に参加するのか?−ソーシャルキャピタルとIT利用− 大塚綾子
(環境情報学部4年)
コメンテーター:新谷大輔(三井物産戦略研究所)
パネルディスカッション:渋澤健・金田晃一・新谷大輔(司会:井上英之)
第2部:社会を変えるアクションと分析−変化を促す仕組みとは?−
コーディネーター:花田光世(総合政策学部教授)
タイトル 発表者
センサー取得情報の権利体系に関する考察−センサーネットワークの活用に向けて− 射場本健彦
(総合政策学部4年)
コメンテーター:金正勲(DMC機構特別研究助教授)
SFC専門ネット予備校SFC-SKILL FACTORY−大学内部からの情報発信モデルの構築− 西尾仁志
(環境情報学部1年)
コメンテーター:高橋一貢(総合政策学部非常勤講師)
「安全な医療」を提供するために−MAYO Medical Centerでの経験を通して− 井出恵実子
(看護医療学部4年)
内田茉友子
(看護医療学部4年)
金安清香
(看護医療学部4年)
鈴木万理
(看護医療学部4年)
コメンテーター:鈴木寛(参議院議員/東京大学医科学研究所客員研究員)
パネルディスカッション:金正勲・高橋一貢・鈴木寛(司会:花田光世)