慶應義塾大学湘南藤沢学会

研究発表大会

開催記録

毎年、オープンリサーチフォーラム(ORF)にて「研究発表大会」を開催し、教員、研究員、大学院生、学部生がSFCでの研究活動を通じて得た研究成果の発表を行っております。

'17 | '16 | '15 | '14 | '13 | '12 | '11
'10 | '09 | '08 | '06 | '05 | '04 | '03 | '02

Open Research Forum 2002
「第1回研究発表大会」

開催概要
開催日 2002年11月23日(土)
場所 κ館の3教室を使いパラレルに発表
プログラム委員長 榊原清則
構成
第1部基調講演「ナショナルイノベーションシステムとSFC」
講演者:榊原清則(総合政策学部教授)
第2部論文発表セッション
第3部パネルディスカッション「ナレッジマネジメントの新展開」
パネラー:仙石太郎氏(富士ゼロックス株式会社 KDI)
古館博義氏(ソニー株式会社グローバルハブ戦略研究室主任研究員)
花田光世(総合政策学部教授)
モデレータ:清木康(環境情報学部教授)

タイムテーブル(PDF)

発表者一覧(発表20分、討議10分)
セッションA(κ12)
司会:花田光世(慶應義塾大学総合政策学部)
タイトル 発表者
欧州統合下の社会空間形成−「人の自由移動」政策からの視点− 中林啓修
(政策・メディア研究科後期博士課程)
ポーランド第二次国家環境政策における政策的発展について 市川顕
(政策・メディア研究科後期博士課程)
教科書問題に見る中国の政策決定−2000年9月〜2001年8月の第三次教科書問題を中心に
(政策・メディア研究科後期博士課程)
中国における農村基層幹部政策の変化:1978-1983 鄭浩瀾
(政策・メディア研究科後期博士課程)
中国政治と「米中接近」、1969年−「大国外交」の脆弱性− 増田雅之
(防衛庁防衛研究所教官)
日米安全保障体制における「極東条項」の変容−「巻き込まれる恐怖」と対中パーセプション・ギャップ− 正司光則
(政策・メディア研究科後期博士課程)
セッションB(κ16)
司会:榊原清則(慶應義塾大学総合政策学部)
タイトル 発表者
組織EQの指標の構築について 坂田哲人
(政策・メディア研究科後期博士課程)
キャリア自律の組織導入に関する研究-キャリア自律を構成する因子およびその関係性についての考察 宮地夕紀子
(SFC研究所上席所員(訪問))
介護施設における組織コミットメントに影響を与える規定要因の変化-組織体制変換の影響 伴英美子
(政策・メディア研究科後期博士課程)
キャリア開発に役立つ非営利組織インターンシップのあり方をめぐって 櫻田周三
(総合政策学部非常勤講師)
新産業・新事業創造にナショナルプロジェクトが及ぼす影響・効果とそのメカニズム 辻本将晴
(政策・メディア研究科後期博士課程)
公的研究機関とナショナル・イノベーション・システム 榊原清則
(総合政策学部教授)
セッションC(κ17)
司会:小檜山賢二(慶應義塾大学政策・メディア研究科)
タイトル 発表者
Linuxマネジメント−インターネット上のソフトウェア開発とマネジメントの研究− 杉崎彰
(ブレインセラーズ・ドットコム株式会社)
ダイナミックキャリアインフォメーションシステム(DCIS)の構築〜新しい形のマッチングシステム〜 金澤元紀
(政策・メディア研究科後期博士課程)
データマイニング手法を用いたマンガ事象クラスタリングとその考察 小野田哲弥
(政策・メディア研究科後期博士課程)
アイマップコミックス:画像で考えるためのレッスン 飯尾健太郎
(政策・メディア研究科後期博士課程)
放送・映画コンテンツの国際流通−韓国を事例に 金美林
(政策・メディア研究科後期博士課程)
日中国交正常化30年に対する日中メディアの認識−日中主要新聞紙の関連報道の比較を通じて 董宏
(政策・メディア研究科後期博士課程)