慶應義塾大学湘南藤沢学会

KEIO SFC REVIEW


No.27 『特集:君は数学を使えるか。』

発行 : 2005年10月15日

CONTENTS
  • SFC front runner(1)レッドクイーンの法則−知の遺伝子進化を加速せよ−政策・メディア研究科助教授 土屋大洋、環境情報学部助教授 内藤泰宏(p.2)
  • 特集 君は数学を使えるか。(p.4)
      - SFCが求める数学 環境情報学部教授 西岡啓二、総合政策学部教授 河添健(p.6)
      - 生命の数学 環境情報学部教授 冨田勝(p.8)
      - [対談]数学の奏でるハーモニー−音楽と数学の可能性を聴く−環境情報学部教授 岩竹徹×環境情報学部非常勤講師 伊藤彰教(p.10)
      - 社会把握から社会構築へ 総合政策学部専任講師 井庭崇(p.14)
      - 数学的戦略思考 総合政策学部教授 小澤太郎(p.16)
      - 数学と言語の微妙な関係 環境情報学部教授 鈴木佑治(p.18)
      - 数学的思考の実践 政策・メディア研究科教授 古川康一(p.20)
  • When I was young(17)逃げられない場に身を置く 総合政策学部教授榊原清則(p.22)
  • Co-net(16)自動車教習所業界の革命児 株式会社ディーエスイーネットコンサルティング 代表取締役社長 吉村充司さん(p.24)
  • キャンパスへ帰ろう(13)六本木に集え!HCD 2005 総合政策学部専任講師 井庭崇(p.26)
  • 異国の風(13)母国を豊かにしたい 総合政策学部3年 シャムシュン・ナハル(p.28)
  • SFC検証(7)カリキュラムに物申す!!(p.30)
  • 私の推薦図書(2)『知識人の裏切り』 寄稿−総合政策学部教授 堀茂樹(p.34)
  • SFCのこれからを考える(5)人間を助ける技術の発信 環境情報学部専任講師 福田亮子(p.36)
  • 編集後記(p.38)
  • 付録 make your campus(17)Θ(シータ)館(p.39)


  • ABSTRACT
    連載
    • SFC front runner(1)レッドクイーンの法則−知の遺伝子進化を加速せよ−政策・メディア研究科助教授 土屋大洋、環境情報学部助教授 内藤泰宏
      21世紀をリードするSFCの最先端研究とその実態を、慶應義塾大学SFC研究所に焦点を当てて塾内外に伝えてゆく連載企画。今号は、六本木ヒルズでの開催が予定されている第10回SFC Open Research Forum(ORF)のコンセプトについて、準備ワーキンググループのメンバーである土屋大洋政策・メディア研究科助教授と内藤泰宏環境情報学部助教授に話を聞く。
      [ABST#27-1]
    特集 君は数学を使えるか。
      問題発見・解決型のキャンパスSFCにおいて数学は、学問として、発想法として、研究のツールとして、実にさまざまなスタイルで使われている。本特集では、SFCで数学との自分なりの付き合い方ができるように、数学の楽しさと、ちょっと意外な数学活用法を紹介する。
      [ABST#27-2]
    • SFCが求める数学
      西岡啓二環境情報学部教授と河添健総合政策学部教授に、SFCで数学を学ぶ意義は何か、数学力を養うにはどのように大学で学べばよいかということをテーマに対談してもらう。
      [ABST#27-3]
    • 生命の数学
      細胞の電子的な再現を目指すE-CELL Projectを立ち上げた冨田勝環境情報学部教授に、生物学における数学の利用やプロジェクト発足の経緯などについてインタビューする。また、同教授の研究室でバイオインフォマティクスに取り組んでいる海津一成さん(政策・メディア研究科修士課程2年)のコメントを掲載する。
      [ABST#27-4]
    • [対談]数学の奏でるハーモニー−音楽と数学の可能性を聴く
      岩竹徹環境情報学部教授と伊藤彰教環境情報学部非常勤講師が、太古から互いに影響を与え合ってきた音楽と数学の関係について、とりわけコンピュータの出現による変化を中心に据えて語り合う。また、岩竹研究室所属の小林良穂さん(政策・メディア研究科後期博士課程)に、新しい音色の生成方法の研究について話を聞く。
      [ABST#27-5]
    • 社会把握から社会構築へ
      井庭崇総合政策学部専任講師に、社会科学と数学の関係や、社会把握における数学の利用について尋ねる。また、同講師の研究室に所属の宇佐美絢子さん(総合政策学部3年)が、数式による現象のモデル化についてコメントする。
      [ABST#27-6]
    • 数学的戦略思考
      小澤太郎総合政策学部教授が、ゲーム理論について、また戦略的思考での数学の利用のメリット・デメリットについて説明し、同教授の研究室に所属の千野剛司さん(総合政策学部4年)が、言語としての数学について語る。
      [ABST#27-7]
    • 数学と言語の微妙な関係
      鈴木佑治環境情報学部教授に、記号論の視点から、数学と言語の関係について、またそれらの教育との関わりについてインタビューし、同教授の研究室に所属する山中司さん(政策・メディア研究科修士課程2年)に、教育のなかでの数学について考えを聞く。
      [ABST#27-8]
    • 数学的思考の実践
      古川康一政策・メディア研究科教授に、スキルサイエンスの観点から、力学モデルとチェロ演奏の関係や数学的思考のメリットなどについて語ってもらう。
      [ABST#27-9]
    連載
    • When I was young(17)逃げられない場に身を置く 総合政策学部教授榊原清則
      SFCの教員は昔どういう学生で、どういう体験をしたのか。教員にみずからの学生時代を振り返ってもらい、それぞれの人生のターニングポイントを探る連載企画。今号は、経営学・イノベーション論を専門とする榊原清則総合政策学部教授兼政策・メディア研究科委員が、学生時代の生活や勉学の様子、自分の弱点を克服するために立てた課題、自分の興味関心に優先順位を付けることの大切さなどについて語る。
      [ABST#27-10]
    • Co-net(16)自動車教習所業界の革命児 株式会社ディーエスイーネットコンサルティング 代表取締役社長 吉村充司さん
      かつてSFCで学んだ卒業生に、学生時代の思い出や就職、SFCへのアドバイスを語ってもらう連載企画。今号は、自動車学校のポータルサイト運営会社を経営する吉村充司さん(1995年総合政策学部卒業・1998年政策・メディア研究科修士課程修了)に、現在の会社を設立した経緯、具体的な事業内容、自動車学校関連事業の面白みについて話を伺う。
      [ABST#27-11]
    • キャンパスへ帰ろう(13)六本木に集え!HCD 2005 総合政策学部専任講師 井庭崇
      卒業生がSFCに戻るために年に一度おこなわれるホームカミングデイ(HCD)。今年度初めてSFCのキャンパスを離れ、六本木ヒルズでの開催を予定している第4回HCDのコンセプトについて、井庭崇総合政策学部専任講師にインタビューする。
      [ABST#27-12]
    • 異国の風(13)母国を豊かにしたい 総合政策学部3年 シャムシュン・ナハル
      SFC生が異国の見知らぬ土地で感じ取ったものは何か。外国を訪れた学生が町の様子や自らの体験を語る連載コーナー。今号は、発展途上国開発における環境問題に取り組んでいるバングラデシュ人留学生シャムシュン・ナハルさん(総合政策学部3年)に、SFC入学までのいきさつ、これまでの勉強の様子、SFCと日本に対する印象についてインタビューし、本人の寄稿も併せて掲載する。
      [ABST#27-13]
    • SFC検証 File 07 カリキュラムに物申す!!
      SFCをめぐるさまざまな疑問や謎を検証し、SFCに積極的な提案を多方面から投げ掛けてゆく連載企画。今号は、カリキュラムに不安や疑問を抱くSFC生が少なくないことを踏まえて、これまでのカリキュラム改定の流れを振り返り、現行のカリキュラムに対する学生・教員・外部それぞれの意見の取材を通して、現在の問題点と今後の展望を探る。
      [ABST#27-14]
    • 私の推薦図書(2)『知識人の裏切り』 寄稿−総合政策学部教授 堀茂樹
      誰にでも、忘れがたいほどに深い感動を覚えた本があるにちがいない。この企画では、SFCの教員が、それぞれの記憶に残る1冊の本を学生へのメッセージとして推薦する。今号は、堀茂樹総合政策学部教授兼政策・メディア研究科委員が、ジュリアン・バンダ著『知識人の裏切り』を紹介する。
      [ABST#27-15]
    • SFCのこれからを考える(5)人間を助ける技術の発信 環境情報学部専任講師 福田亮子
      SFCらしさやこれからのSFC像について、それらを批判的に捉え、SFCの未来を語るための新鮮な視点を提示する連載企画。今号は、SFC1期生である福田亮子環境情報学部専任講師が、当時と現在のキャンパスの様子を比べながら、国際化の推進やアドバイザリーグループの活用を提案すると同時に、問題発見・解決の次の段階である情報発信の重要性を指摘する。
      [ABST#27-16]
    • 編集後記
      今号の編集長を務めた朝倉麻衣さん(総合政策学部3年)による後記。
      [ABST#27-17]
    • 付録 make your campus(17)
      SFCのキャンパス内にある建造物の紙模型付録。今号はΘ(シータ)館。




    ▲このページの先頭へ

    ▲バックナンバー一覧に戻る

    ホームに戻る