慶應義塾大学湘南藤沢学会

KEIO SFC REVIEW


No.21 『特集:認知・身体科学の人間探究−古からの何故?に、最先端が挑む』

発行 : 2004年4月1日

CONTENTS
  • おかしらといっしょ(10)斎藤信男 SFC担当常任理事(p.2)
  • 特集 認知・身体科学の人間探究−古からの何故?に、最先端が挑む(p.4)
      - SFC教員の最新実験情報「認知科学」/学問探求 認知科学を知ろう−今井むつみ助教授寄稿(p.6〜8)
      - 認知科学の第一線を探る−産業技術総合研究所(p.9)
      - SFC教員の最新実験情報「身体科学」/学問探求 身体科学を知ろう−加藤貴昭専任講師寄稿(p.10〜12)
      - 身体運動科学の第一線を探る−国立スポーツ科学センター(p.13)
      - 躍動する学生たち(p.14)
      - 認知・身体科学の未来を担う研究者へ−石井威望政策・メディア研究科客員教授(p.16)
      - 座談会:認知科学と身体科学の融合(p.17)
  • シリーズ対談(4)スポーツで日本を変えたい!金城昌芳 雑誌『ターザン』編集長×久保直嗣 環境情報学部4年生(p.20)
  • When I was young(11)久常節子 看護医療学部教授(p.26)
  • Co-net(10)未来の学問を切り開く精神 東京工業大学大学院 社会理工学研究科勤務 蟹江憲史さん(p.28)
  • 異国の風(7)ドイツ ベルリンの1年 政策・メディア研究科 石司えりさん(p.30)
  • SFC検証(5)みんなでつくるSFCの食生活環境(p.32)
  • キャンパスへ帰ろう(8)小林正忠教育奨励奨学金 特集(p.36)
  • A YEAR IN REVIEW 2003(p.38)
  • 編集後記(p.46)
  • 付録 make your campus(11)α(アルファ)館(p.47)


  • ABSTRACT
    連載
    • おかしらといっしょ(10)斎藤信男 SFC担当常任理事
      慶應義塾大学SFC担当常任理事を務める斎藤信男元環境情報学部長に、常任理事という仕事の内容、その立場から見たSFC観、また産学地域連携・海外提携・e‐learningといった今後のビジョンについて話を伺う。
      [ABST#21-1]
    特集 認知・身体科学の人間探究−古からの何故?に、最先端が挑む
      人間の知を探る認知科学、人間の体を探る身体科学。この両者を融合し、ほぼすべての学問分野を網羅して、人間についての疑問を科学で解き明かす認知・身体科学。本特集では、認知・身体科学が人間をどのように捉え、その可能性をどこまで引き出していくのかを探る。
      [ABST#21-2]
    • SFC教員の最新実験情報「認知科学」/学問探求 認知科学を知ろう−今井むつみ助教授寄稿
      子供の発達データを取る実験を通して人間の言語や認知の本質を理解することを目的にした共同研究を紹介した後、認知言語発達科学と言語心理学を専門とする今井むつみ環境情報学部助教授に、認知科学の基本的特徴、およびSFCの認知・身体プログラムのプロジェクトについて解説してもらう。
      [ABST#21-3]
    • 認知科学の第一線を探る−産業技術総合研究所
      日本で最先端の研究がおこなわれている産業技術総合研究所に赴き、人間福祉医工学研究部門でおこなわれている実験を取材する。
      [ABST#21-4]
    • SFC教員の最新実験情報「身体科学」/学問探求 身体科学を知ろう−加藤貴昭専任講師寄稿
      良い投球が生まれる条件を解くためにおこなわれた視覚実験を取材し、その実験の指揮を取った加藤貴昭総合政策学部専任講師に身体科学における研究の対象・課題を解説してもらう。
      [ABST#21-5]
    • 身体運動科学の第一線を探る−国立スポーツ科学センター
      国立スポーツ科学センターにスポットを当て、身体運動科学の研究成果がどのように活かされているかを見る。
      [ABST#21-6]
    • 躍動する学生たち
      SFCで認知・身体科学関連の研究をおこなっている学生4名にインタビューする(徳田幸絵さん/塚田浩二さん/宮宇地秀和さん/岩月基洋さん)。
      [ABST#21-7]
    • 認知・身体科学の未来を担う研究者へ−石井威望政策・メディア研究科客員教授
      石井威望政策・メディア研究科客員教授が、若き世代の研究者やSFCの学生に向け、未来を見据えることの大切さを説く。
      [ABST#21-8]
    • 座談会:認知科学と身体科学の融合
      SFCの認知・身体科学研究を担う教員のなかから5名を招き、認知科学と身体科学の融合にどのような意味があるのか、座談会形式で語ってもらう(石崎俊環境情報学部教授、加藤貴昭総合政策学部専任講師、川本竜史総合政策学部専任講師、重松淳総合政策学部教授、渡辺利夫環境情報学部教授)。
      [ABST#21-9]
    連載
    • シリーズ対談(4)スポーツで日本を変えたい!金城昌芳 雑誌『ターザン』編集長×久保直嗣 環境情報学部4年生
      若い頃の出会いは、その後の人生を大きく変えてしまうこともある。「シリーズ対談」は、夢や目標を抱えて励む若者に、じかに会って話してみたいと思う人物との対談の場を提供する企画。今号は、スポーツに対する関心を文化として根付かせたいと願う久保直嗣さん(環境情報学部4年)が、スポーツによるコミュニケーションの楽しさを伝える雑誌『ターザン』の編集長金城昌芳さんと、スポーツのある生活の豊かさ、日本のスポーツの未来などについて語り合う。
      [ABST#21-10]
    • When I was young(11)久常節子 看護医療学部教授
      SFCの教員は昔どういう学生で、どういう体験をしたのか。教員にみずからの学生時代を振り返ってもらい、それぞれの人生のターニングポイントを探る連載企画。今号は、看護政策を専門とする久常節子看護医療学部教授が、看護師の道を選んだ理由、病院実習を通して得た経験、研究職から厚生省への勤務に移って取り組んだ問題など、常に看護の世界と向き合ってきたこれまでの歩みを語る。
      [ABST#21-11]
    • Co-net(10)未来の学問を切り開く精神 東京工業大学大学院 社会理工学研究科勤務 蟹江憲史さん
      かつてSFCで学んだ卒業生に、学生時代の思い出や就職、SFCへのアドバイスを語ってもらう連載企画。今号は、東京工業大学大学院社会理工学研究科に勤務する蟹江憲史さん(1994年度総合政策学部卒業・2000年度政策・メディア研究科博士課程終了)に、国際関係学と地球環境問題を交差させた現在の研究内容、SFC時代におこなっていた研究活動との関わり、体育会競争部に所属していた頃の経験などについて話を伺う。
      [ABST#21-12]
    • 異国の風(7)ドイツ ベルリンの1年 政策・メディア研究科 石司えりさん
      SFC生が異国の見知らぬ土地で感じ取ったものは何か。外国を訪れた学生が町の様子や自らの体験を語る連載コーナー。今号は、2001年度塾派遣交換留学生としてドイツのベルリンに1年間滞在した石司えりさん(政策・メディア研究科)の体験を通して、当地の人々の暮らしぶりや大学の様子、さまざまな芸術活動、移民や環境といった今のドイツの社会問題などを紹介する。
      [ABST#21-13]
    • SFC検証(5)みんなでつくるSFCの食生活環境
      SFCをめぐるさまざまな疑問や謎を検証し、SFCに積極的な提案を多方面から投げ掛けてゆく連載企画。キャンパスライフに直接かかわる食生活環境にスポットを当てる今号は、他大学との比較を通してSFCの教職員・学生食堂の問題点を浮き彫りにすると共に、2002年から始まった「食生活改善プロジェクト」の活動や、自給自足型キャンパスという構想から始まったサークル「八百藤」を紹介する。
      [ABST#21-14]
    • キャンパスへ帰ろう(8)小林正忠教育奨励奨学金 特集
      2001年に設けられた小林正忠教育奨励奨学金について、この制度の主催者であり、SFC第1期卒業生でもある小林正忠さんに、奨学金の目的や設置の経緯を伺う。また、2001年度の奨学生である河村忠徳さん(総合政策学部4年生)に、応募のきっかけやその後の活動についてインタビューする。
      [ABST#21-15]
    • A YEAR IN REVIEW 2003
      2003年度にSFCでおこなわれた活動を月毎に追うと共に、今春SFCを去った孫福弘総合政策学部教授および澁川雅俊環境情報学部教授が綴るSFC生への思いを載せる。また、2003年度にSFC教員(専任・招聘)が出版した書籍の一覧と、うち4冊に関する本誌編集委員による書評(小熊英二・上野陽子著『"癒し"のナショナリズム―草の根保守運動の実証研究―』、小此木啓吾著『精神分析のすすめ―わが国におけるその成り立ちと展望』、田中茂範・武田修一・川出才紀編集『Eゲイト英和辞典』、今井むつみ・野島久雄著『人が学ぶということ 認知学習論からの視点』)。最後に、「学習・研究奨励金」に採用されたSFC生の活動、および「SFC AWARD」を始めとする各種受賞者の紹介。
      [ABST#21-16]
    • 編集後記
      今号の特集幹事を務めた石崎俊環境情報学部による後記。
      [ABST#21-17]
    • 付録 make your campus(11)α(アルファ)館
      SFCのキャンパス内にある建造物の紙模型付録。今号はα(アルファ)館。




    ▲このページの先頭へ

    ▲バックナンバー一覧に戻る

    ホームに戻る