湘南藤沢学会とは


概要

 湘南藤沢学会とは、総合政策学部、環境情報学部、看護医療学部、大学院政策・メディア研究科、大学院健康マネジメント研究科の研究・教育活動を促進し、学外との交流を深めることを目的とした組織です。原則として3学部・2研究科の教員で構成され、研究・教育活動の成果を発表するリサーチメモやリサーチモノグラフ、学部学生による研究会優秀論文、優秀修士論文、博士論文など各種出版物刊行のほか、シンポジウム開催等の活動を通じ、SFCの研究・教育活動の支援をしています。

 また、研究機関としての大学から社会へ向けてのメッセージを発信する意味を込めて 「KEIO SFC REVIEW」、そしてSFCにおける学術研究の成果を伝える、アカデミックな書籍「KEIO SFC JOURNAL」の発行をしています。 さらに、会員が企画・主催する研究ネットワーク、研究フォーラムなどの支援を行い、会員の研究発表や研究ネットワークの場を確保し、それらの支援を積極的に行っていく予定です。




幹事会役員

湘南藤沢学会幹事会役員(任期:2017年10月〜2019年9月)

教員名 プロフィール 所属 役職
桑原 武夫 プロフィール 総合政策学部 会長
池田 靖史 プロフィール 政策・メディア研究科 副会長
大前 学 プロフィール 政策・メディア研究科 副会長
楠本 博之 プロフィール 環境情報学部  
秋山 美紀 プロフィール 環境情報学部  
石川 志麻 プロフィール 看護医療学部  
國枝 孝弘 プロフィール 総合政策学部  
清水 唯一朗 プロフィール 総合政策学部  
武藤 佳恭 プロフィール 環境情報学部  
東海林 祐子 プロフィール 政策・メディア研究科  
藤井 千枝子 プロフィール 看護医療学部  
藤屋 リカ プロフィール 看護医療学部  


以上12名(敬称略)




会則

2002年3月6日改定
2002年7月3日改定
2003年7月9日改定
2004年10月6日改定
2005年10月5日改定
2007年2月28日改定
2012年6月27日改定
2014年6月25日改定
2015年6月24日改定
2016年6月22日改定

第1条
本会は慶應義塾大学湘南藤沢学会と称する。
第2条
本会は総合政策学部、環境情報学部、看護医療学部および政策・メディア研究科、健康マネジメント研究科の研究・教育活動を促進し、学外との交流を深めることを目的とする。
第3条
本会には正会員、準会員、学生会員、名誉会員を置く。
2
本会の正会員は原則として湘南藤沢3学部および2研究科の専任教員とするが、専任に準ずる有期ならびに非常勤の教員は湘南藤沢学会幹事会の審議を経て正会員とすることも可能である。
3
本会の準会員は原則として湘南藤沢キャンパスを卒業あるいは修了した者および退職した教員で、その後本人の希望により資格申請を行い、その資格を得たものとする。また、湘南藤沢キャンパスコミュニティで活動しているSFC研究所上席所員、SFC研究所所員ならびにSFCに勤務する職員も本人の希望により資格申請を行い、湘南藤沢学会幹事会の審議を経て準会員とすることも可能である。
4
本会の学生会員は湘南藤沢キャンパスに在籍する学部生ならびに研究科の学生とする。研究科の特別学生は、学生に準じた会員とすることができる。
5
本会の名誉会員は原則として湘南藤沢キャンパスを定年退職した教員で、湘南藤沢学会の幹事会の推挙、審議を経て名誉会員とすることができる。
第4条
本会は第2条の目的を達成するために以下の事業を行う。
1. 各種出版物の刊行
2. 講演会、シンポジウム、セミナーなどの開催
3. その他
第5条
本会には以下の役職を置くことができる
1.会長 1名
2.副会長 2名
3.幹事 湘南藤沢キャンパスを構成する各学部、各研究科の代表者を含む若干名
4.会計監査 2名
5.顧問 若干名
6.評議員 3名以上
第6条
会長は正会員の中から幹事会の推薦を経て総会において決定する。
2
副会長、幹事は会長の推薦を経て総会において決定する。会計監査は幹事会で推薦され総会において決定する。
3
顧問は会長が委嘱する。
4
評議員は評議員の互選によって選出され、会長が承認する。但し、最初の評議員は幹事会にて選出し、総会にて承認する。
第7条
会長は本会を代表し、会務を統括する。副会長は会長を補佐する。幹事は幹事会を組織し、会務を執行する。顧問は学会運営全般につき幹事会に助言する。幹事会は、@学会の活動に大きな影響を与える体制や運営の変更並びに新規の活動、A特別会計や500 万円以上予算外資金の支出等を行う場合は、評議員会に諮問し提言を求めることとする。
第8条
幹事会は予算及び決算を作成し、総会に報告する義務がある。
2
幹事会は会務の執行に必要な組織を設けることができる。
3
幹事会は、会則および会の目的に適合する範囲で、会務の執行に必要な運営規則を設けることができる。この規則の制定、改廃については総会の承認を得なければならない。
第9条
本会役員の任期は2年とする。ただし再選を妨げない。任期は、原則として、10月1日に始まるものとする。
第10条
本会の最高議決機関として正会員を構成員とする総会を置く。 会長は年1回総会を招集する。ただし、幹事会の発議に基づき臨時総会を召集することもできる。総会の議長は会長または副会長が務める。
第11条
本会の経費は会員の納める学会費、学会費(学会資料購読費等)、その他を以てこれに充てる。
2
経理業務の取り扱いについては、総会が定める湘南藤沢学会経理規定による。
3
学会費、学会費(学会資料購読費等)の金額は別にこれを定める。
第12条
本会則の改廃は総会の議を経てこれを行う。




会員

会員は、原則として、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスの3学部・2研究科の正会員、準会員、学生会員により構成されています。

正会員は年会費12,000円。「KEIO SFC REVIEW」と「KEIO SFC JOURNAL」の購読、および「KEIO SFC JOURNAL」への投稿、「研究発表大会」での発表資格を得ることができます。

準会員は年会費10,000円。「KEIO SFC REVIEW」と「KEIO SFC JOURNAL」の購読ができ、「KEIO SFC JOURNAL」への投稿、「研究発表大会」での発表資格を得ることができます。